白髪染めの指標・テクスチャーとツール

白髪染めはたくさんの種類の商品があります。

それだけ、白髪染めの需要は高いのです。

たくさん種類のある白髪染めをタイプ別に見るには、テクスチャーとツールを見ましょう。

使いやすさなど、実際に使用する際に影響があるので、テクスチャー、ツールは見極めましょう。

白髪染めのテクスチャーは、クリームタイプ、ジェルタイプ、リキッドタイプがあります。

クリームタイプは、とても粘性が強いので手に取りやすいです。

広げやすさはやや劣りますが、付着しやすいため、部分染めに向いています。

無駄遣いにならず、染めにくいところまでしっかり染めたい方には、クリームタイプがおすすめです。

リキッドタイプは、液状なので無駄遣いしてしまう場合もありますが、広範囲をしっかり染めたい方向けです。

ジェルタイプは、クリームタイプとリキッドタイプの中間です。

色々な用途で使用する場合は、このジェルタイプです。

このように使い分けると良いですね。

ツールは、白髪染めの使い方です。

コームタイプは、ノズルがコーム型になっています。

ノズルタイプは、ノズルから直接頭に付けます。

プッシュタイプは、ボトルをプッシュして出します。

売れ筋はコームタイプです。



このページの先頭へ