たくさんある白髪染めの種類

たくさん種類のある白髪染めの中から選ぶとき、その白髪染めのタイプを確認しましょう。

確認することで、自分に合っているかどうかもわかりますし、他の種類を知ることも出来ます。

白髪染めには、大きく分類して、4つの種類があります。

1つ目は、スタンダードなヘアカラータイプです。

これは、髪のメラニン色素を分解し、脱色したところに染料を浸透させ、髪の内側から染めていくものです。

白髪染めの場合、色素を分解する意味がないように思われますが、白髪にもメラニン色素があるので、分解することで染料を浸透しやすくします。

2つ目は、ヘアマニキュアタイプです。

これは、メラニン色素は分解せず、髪の表面にあるたんぱく質に染料を吸着させるものです。

メラニン色素を分解することがないので、髪にストレスがかからず、頭皮や髪へのダメージがヘアカラータイプよりも少なくて済みますが、持続性は劣ってしまいます。

3つ目は、カラースプレータイプです。

髪の表面をスプレーで染めるというものです。

手軽に染められる一方、簡単に落ちてしまうので、長時間の効果の持続は難しいです。

そして、4つ目は、シャンプーです。

基本的に、シャンプーは髪を洗うものですが、白髪染め効果のあるシャンプーもあるのです。

効果が出るまで時間がかかりますが、髪の負担も最小限ですし、自然な形で染めることが出来ます。



このページの先頭へ