天然成分入りヘアカラーと普通のヘアカラーの違い

白髪染めには薬剤を使用しているものが多く、安全性に関してはあまり重視されていないものも少なくありません。

おしゃれになりたいという方のために、ファッション性も重視しているため、どのように染め上げるかということに重点をおいて作られています。

そのため特に肌の弱い人は、トラブルを未然に防ぐため、強い薬剤が使われているものは避けるほうがよいでしょう。

つまり、通常の白髪染めは、髪を傷める原因ともなります。

できれば傷めることなく、白髪をきれいな髪色に染めたいですよね。


白髪染めで髪の毛が傷む理由は、配合されているブリーチ(漂泊)成分が原因となっていることをご存知ですか。

ヘアカラーの場合、ブリーチによって髪のキューティクルを開かせ、髪の毛の内部のメラノサイトという色素を破壊することで、髪の毛が染料によって染まるのです。

だから、髪の毛はきれいに染まっても、ブリーチをした時点で髪の毛の表面のキューティクルが開き、ボロボロになってパサつきを引き起こします。


しかし、天然成分配合のヘアカラーの場合、もともと髪によい美容成分を贅沢に配合しているものが多いため、白髪も染めるとともに、髪質を高め麗しい髪に導いてくれるのです。


例えば、ルプルプは、イマージュとタカラバイオの共同開発によって誕生した、無添加でやさしい処方の白髪用ヘアカラートリートメントですが、ダメージゼロの白髪染めとして発売いらい圧倒的な支持を得ています。

ルプルプは頭皮への優しさ満足度アンケートにおいて、96%の人から満足しているという回答を得ているほどです。

天然のカゴメ昆布成分が配合されているからでしょう。

カゴメ昆布にはネバネバしたフコイダンが含まれているので、髪の毛や頭皮にやさしく保湿力に優れ、育毛にも効果があります。

しかも、ルプルプのフコイダンは高分子のものと、低分子化した2種類を組み合わせているので、保湿作用に優れた成分となったフコイダンがしっとりしたうるおいを与えてくれて、染めた後の髪の毛をツヤツヤにしてくれます。

ヘアカラーでありながら、輝く美髪に導いてくれるのです。



このページの先頭へ