敏感肌だけど、白髪染めは大丈夫!?

白髪が目立ってきて、なんとなく気持ちが落ち込むという人もいるでしょう。

髪は全体の印象を決める大きなポイントです。

パサパサした紙や白髪混じりの髪は、老けている印象だけでなく、なんとなく生活に疲れたイメージを相手に植え付けてしまいます。

かといって、白髪染めをして髪や地肌が痛まないか心配という人もいるはず。

特に敏感肌の人ならなおさらです。

敏感肌の人の場合は特に、天然成分を配合されている白髪用ヘアカラーを使うことをお勧めします。


例えば、ルプルプという、無添加でやさしい処方の白髪用ヘアカラートリートメントは、髪や頭皮をいたわるために、ベニバナやクチナシ、藍の葉と茎などの天然染料を使っています。

これなら髪の毛にダメージを与えることなく美しく染まることは納得ですよね。

低刺激なので肌の弱い人にも使うことができるため、染めるときには素手に取って塗り込むことができるほどです。


敏感肌の人は、白髪染めに含まれている化学成分に反応してしまうことがあります。

そして、頭皮が痒くなったり、湿疹ができてしまうこともあります。

ヘアカラーには皮膚に刺激となるジアミン系の染料が使われていますが、ルプルプは天然成分ですから、刺激が少なくなっています。

髪のツヤやハリを戻すトリートメント効果も期待できるため、髪の痛みが激しい方にも注目されています。

天然由来成分で、安心しながら白髪染めをしたいですね。



このページの先頭へ